MENU

BCAAとは?筋トレへの効果や副作用の危険度を徹底解説

筋トレをする人に古くから愛用されてきたBCAA。どんな効果がある成分なのか、副作用の危険性は無いのかを解説します。BCAAの効果や副作用が知りたい人や、BCAAとはそもそも何だと思っている人はじっくりと読んでみて下さい。

 

BCAAの効果と副作用【目次】

 

BCAAとは3種類の必須アミノ酸の総称


BCAAとは『Branched Chain Amino Acids』の頭文字を取ったもので、バリン、ロイシン、イソロイシンという3つのアミノ酸の集合です。筋肉を付けるために効果的だと言われている必須アミノ酸で、BCAAが配合されているサプリは非常に多いです。

 

食物のタンパク質を構成する必須アミノ酸の約半分がBCAAであり、タンパク質が分解されるとBCAAになると想像していただければわかりやすいと思います。

 

ヒトの筋肉を構成するタンパク質中の、必須アミノ酸の約35%をBCAAが占めていると言われており、筋肉の生成に関わる割合はかなり高いです。

 

BCAAの筋トレへの効果を徹底解説


筋肉を増やすために有効な成分であるBCAAも。プロテインよりも吸収速度が早く、胃腸への負担が軽いことも大きなメリットです。その分サプリの価格は少し高め。

 

筋肉の原料になるだけでなく、筋肉が修復するのを手助けする効果、筋肉を分解を抑える効果があります。それぞれ解説します。

 

筋肉の原料になるBCAA

筋肉の原料になるのはたんぱく質。そのたんぱく質を構成しているのはアミノ酸です。アミノ酸には様々な種類がありますが、人の筋肉の約35%はBCAAで構成されています。

 

BCAAとは、人間の筋肉を細かく分解したものだと考えると分かりやすいでしょう。筋肉の原料であるBCAAを摂取することで、筋肉の発達が促進されます。
もちろん適切な運動が必要ではありますが、BCAAが不足してしまうと筋肥大は起こりにくいです。筋肉を大きくするために、非常に重要なアミノ酸がBCAAだと言えるでしょう。

 

筋肉の分解を抑制する効果があるBCAA

運動時には、筋肉中のタンパク質が分解してしまいます。BACCを摂取することで血液中のBCAA濃度があがり、筋肉中のタンパク質の分解量を減らすことができます。

 

筋肉の分解を抑えることは、効率よく筋肥大をさせるために避けては通れないテーマです。運動の30分〜45分前にBCAAを飲むのが有効だと言われています。

 

筋肉の合成を促進する効果のあるBCAA

BCAAには筋肉の合成に効果があります。BCAAを構成するロイシンには、HMBを生成する働きがあります。ロイシン20gに対してHMBは1gしか生成されませんが、筋肉の増大に有効なのは間違いありません。

 

HMBにはインスリンの分泌を促す働きがあり、筋肉を合成するためのスイッチのような役割を果たします。特にロイシンが筋肉の合成に有効ですが、バリン・イソロイシンにもそれぞれの働きがあります。

 

なお、HMBの効果についてはこちらの記事をご参照下さい。

 

 

BCAAには副作用がある?肝臓に負担は本当?


BCAAはタンパク質を細かく分解したものなので、副作用の可能性は低いです。過剰に摂取した場合は副作用の心配もありますので、メーカーの推奨摂取量を守るようにして飲み過ぎに気をつけましょう。

 

BCAAのの摂取が肝臓に負担を与えるという説もありますが、過剰摂取にさえ気をつければ大丈夫だと思います。BCAAに限らず、どんなサプリも肝臓に負担をかけますからね。

 

妊娠中・授乳中の方、持病をお持ちの方、服薬中の方や通院中の方はBCAAのサプリを摂取するのは避けたほうが良いかも知れません。医師や薬剤師の指示を受けた上で摂取するようにして下さい。

 

BCAAの効果と副作用についてまとめ


BCAAの効果と副作用について解説しました。副作用の危険性が低く、筋肉を発達させる効果の大きいBCAA。体つくりには重要な成分です。キレマッスルHMBにはBCAAも配合されているので、購入して飲んでみた僕の口コミも参考にしてみて下さい。

 

>>キレマッスルHMBの効果と現役トレーナーの口コミ