MENU

キレマッスルHMBの正しい飲み方と摂取タイミングはいつ?

キレマッスルHMBは1粒に300mgのHMBが含まれている高品質のHMBサプリ。筋肉強化をサポートする多くの成分も含まれており、商品の質の高さはトップクラスだと言っても良いでしょう。そんなキレマッスルHMBの正しい飲み方とおすすすめの摂取タイミングを解説します。

 

 

キレマッスルHMBの飲み方と摂取タイミング【目次】

 

HMBの推奨摂取量は1日何g?


筋肉を増やすためのスイッチのような役割を果たすと言われているHMB。インスリンというホルモンの分泌を促進し、筋肉が発達するのを手助けすると言われています。その効果に関しては臨床実験が行われているのですが、1日3gの摂取が一番効果を発揮すると考えられています。それより多くても逆効果になってしまうようで、摂れば摂るほど筋肉が増える、と言った単純なものでは無いようです。

 

キレマッスルHMBは1日に何粒飲めば良い?


キレマッスルHMBに含まれるHMBの量は、6粒で1800mg。1粒あたりは300mgと、他のHMBサプリよりも多い配合量となっています。1日のスイッチのは6粒〜10粒となっており、それ以上摂取しても効果が落ちてしまうので、サプリメントももったいないですよね。個人的には1日6粒の摂取を続けるのが良いのではと考えています。

 

確かに毎日10粒飲んだほうが効果が大きそうですが、キレマッスルHMB1袋の内容量は180粒なので、18日間で空になってしまいますからね。余程ハードに筋トレをしているとか、試合や大会の直前で、飲みきってしまっても構わないという方以外は毎日6粒飲むことをおすすめします。

 

筋トレをする日のキレマッスルHMB推奨摂取タイミング


HMBの推奨摂取タイミングは筋トレの前後や筋トレ中。キレマッスルHMBにはHMB以外の成分も豊富に含まれていますが、主成分はあくまでHMBであり、HMBの推奨摂取タイミングに合わせて飲めば間違いないでしょう。

 

筋トレ中だと飲み忘れてしまうこともありますし、個人的には筋トレ前が一番おすすめ。筋トレの30分前〜45分前に飲むことで、運動中のパフォーマンス低下が避けられますし、翌日の疲れも軽くなる気がします。

 

筋トレをしない日のキレマッスルHMB推奨摂取タイミング


筋肉が大きくなるのは筋トレ中ではなく筋トレと筋トレの間。そのタイミングで必要な栄養素を入れてあげることは非常に大切です。可能であれば運動をしない日も、キレマッスルHMBを6粒摂取するようにしましょう。摂取タイミングは食後がおすすめで、他の栄養素と一緒に吸収されるので成分の取り込みが強化されます。

 

出来るだけ小分けにして飲むのが理想なのですが、現実的には難しいと思います。可能であれば朝・昼・晩に2粒ずつ、難しそうなら夜にまとめて6粒摂取すると良いでしょう。成長ホルモンの分泌を促すために、朝や昼よりは夜の摂取のほうが効果が得られると思います。

 

>>キレマッスルHMBの効果を現役トレーナーが徹底検証